2007年07月30日

屋久島7・21 海亀の産卵を見に行くの巻

7月21日から25日までお友達のロクたんと屋久島へ行ってきますた。
とても楽しかったので、しばらく小学生日記のような日記で記録に残すぞぉ。(きちんと記録に残そうなんて久々っすなw)


羽田から鹿児島まで⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン と2時間。
バスとTAXIを乗り継ぎ鹿児島港へ到着。
屋久島行きのジェットフォイル出発まで4時間ぐらい空き。
たのむでぇ〜イルカちゃん!鐘幸せにすてくれぇぇ〜〜♪カラァ〜ン♪カラァ〜ン♪と幸せになれる「ドルフィン幸せの鐘」をならしたり、御飯をいただいたり、茶をすすってみたりして時間を潰す。

072101.jpg

黒豚ちゃん料理。
お店の方おすすめ「ブラックマヨネーズ」というゴマと黒酢とらっきょうが混ざった黒いマヨネーズソースがかかった黒豚フライ。
豚汁がおいしかったお♪
ワタクシの好みでは一切れ交換した、ロクたんの食べたヒレカツの方が好みですな。
黒豚専科伊集院
http://www.dolphinport.jp/floor/shop09.html


072102.jpg  072103.jpg

桜島を目の前にジェットフォイルで屋久島に出発♪
恥ずかしながら、桜島とは島だと思い込んでおったのですが、陸続きなのをしりましたノ(´д`)

072104.jpg

種子島を経由して夕暮れ時、屋久島に到着。
レンタカー屋さんにてバイクを借りて、この日お世話になる民宿へ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

072105.jpg  072106.jpg

夕飯。
飛魚のから揚げ(羽の部分もパリパリいただけるお)、首折れサバの刺身(酢で締めてないサバそのまんまの刺身)。
おいしかったおヽ(´ー`)ノ


急いで御飯を食べて永田のいなか浜へ海亀ちゃんの産卵を見にいく。
海亀ちゃん上陸までの間、海亀についての説明をおじさんから聞く。
そすてひたすら待つ。
待つ。待つ。待つ。待つ…………。
(8時台について、海亀ちゃんに対面すたのは10時台。)

ようやく対面ヽ(´ー`)ノ
産どります。産どります。
ピンポン玉ぐらいのをポロポロっと。
亀たんはすごいデカイです。100キロ以上はあるお。
ワタクシは亀たんの頭の近くで見ていたのですが、目は涙で砂がいっぱいついておりました。
でもこの涙は実は涙じゃなく、海水を飲んでしまうので、その塩水を目から常にだしているとのこと。陸に上がってるから涙に見えるらしいです。
でもやっぱり時折「スハァーーーーッ スハァーーーーーッ」て息が荒くなりスゴイ体力をつかってるのがわかりますた。
見せてくれてありがとう。亀たん(つД`)


ここで残念だった事が二つ。
@亀を見に行ったらすごい沢山の人数が集まっていた。60人ぐらいか?
この大人数で見るのかしら…っと複雑な気分になっていたらどうやら30人ぐらいは、予約もせずに直接見に来たらしい。
おじさんに「亀は、産卵を人にわざわざ見せようと思ってないんだよ。」っと怒られおりました…。

A亀たんの女子は、一生のうちに産卵の時しか陸にあがらないので(男は一生海の中)、陸に上がって来る時はデリケートになっております。
写真をとるときには、「フラッシュを焚かない。」というお約束だったのに、1人のお方がフラッシュで写真をとっておりました。・゚・(ノд`)・゚・。
勿論、ボランティアの係り員に注意され、見ず知らずの一緒に見ていた人々にも小声で嫌味を言われておりましたが……。
そのお方、亀たんが砂に卵を埋める際、すごい勢いで亀たんに砂をかけられてたおwww
(ココでみなが嫌味を口々に小声でいったww)

072107.jpg

ワタクシのカメラは性能が悪いので、写真とったが真っ暗ですた…。
この種類と同じ亀たんです。アカウミガメちゃん

posted by あらこ at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。