2007年06月06日

プチセレヴ風なお部屋

P1010053.jpg


目覚めると窓ガラスの向こうには強い日差しを浴びた濃厚な緑と、鮮やかな青い海が広がる。


P1010054.jpg


アジアンファブリックと家具を基調にまとめた2つあるベッドルームの一つ。
(もう一つのベッドルームはお姫様ベッド風の天蓋付)

P1010056.jpg P1010055.jpg 
キッチン付の広いリビングルーム。
バルコニーはビーチチェアが数脚並べても、BBQパーティーが開けるほど広く
海も見える。



マッサージが旨いという評判のこのホテルに働いてるローカルオカマちゃんにマッサージしてもらったついでに、ホテルの部屋を見せてもらいました。
ワタクシは女性の方にマッサージ。普通のマッサージお。
オカマにはオカマで対抗。ローカルオカマちゃんには、今回の旅の相方、日本オカマちゃんがしてもらいまんた。なお、こちらも普通のマッサージだったそう。

キッチン付のホテル、ヴィラっていいなぁぁぁ〜〜〜泊まりたい。
機会があったら誰か友達とシェアできないかと思う今日この頃。
1人で泊まる!っといいきれない所が値段的に悲しい(つД`)
キッチン付系は友達とシェアしてダラダラ長く部屋からでないのが楽しいしねん。
値段は定かじゃないっす、これよりも少し落ちる部屋が150ドル。この部屋は部屋のオーナーがいるんだってぇ〜〜〜〜〜〜〜〜。その方と交渉らしい。
シェア希望者適当に求む。

今回はじめて短くサクっと帰ってきた。何もしてないのに忙しく感じた。
すっかりイネ語の単語も忘れてて会話にも不自由を感じ、うっすらと記憶の彼方にあった言葉の殻が破れでてきた頃に帰るという感じだった。・゚・(ノд`)・゚・。

P1010049.jpg

P1010045.jpg


実際今回とまってた部屋はこちら。お値段は10分の1以下。でも好き。
怠惰でいられるなら結構どこでもエエのかもしれないなぁ〜
怠惰大好き。怠惰エネルギーをもっと供給すたかった。。。
posted by あらこ at 23:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。