2005年06月09日

潮干狩り(木更津編)

トンネルを抜けると海ホタル。たけーぞぉ〜!アクアライン!って今日は10人乗り車で8人で割り勘だから通るけど。ぜってーとおらねーぞ普段なら…。腹がすいては戦はできぬっていうわけで、海ホタルで食べることに。っが海ホタルってPAの癖して、「じゃがべえ」とか「からあげ串」みたいなPAお決まりのジャンクフードがなくちょっと淋しい…。じゃがべえが食べたかったのに…。とりあえず、「幸せの鐘」なるカップルで鳴らすと幸せになれるというのがあったんで、ベルを一人で鳴らしてみたわ…。カラァ〜ンカラァ〜〜ン♪なにもないのに、なんでココがちょい昔デートとか家族づれで賑わってたのだぁ?謎。PAでしょ、PA。そんな事より、じゃがべえを取り扱ってほしいもんである。

P1010097.jpg P1010099.jpg P1010103.jpg

現場に到着すると、赤白帽を被ったガキンチョどもが遠足で、ワンサカきておる…。ぜってーワタクシの傍にきて、ガチャガチャ砂をかき回したりすんじゃないわよ!!フンガーーー!!ワタクシの半径5メートル以内のアサリちゃんは、ワタクシのなんだからね!!フガァァァ〜〜!!心配をよそに、ガキドモは指定された場所でほってる模様。ホッ。

後日判明したのだが、ここで重大な事が起きようとしていた。
菊一、ノグノグ&ワタクシは、みんなをよそに「いっぱいとるぞ!デカイアサリちゃんとっちゃうんだから♪うふふ」っとドンドン、干潟の奥地に潜入。(誰もいないようなポイントだけを攻めた)あの日のノグノグは、とても勇敢で男らしかった。「ウギャァ〜〜!!キモイ!なにこれ!」っとワスラがいうものを、「うわぁ〜!キモ〜!」っと言葉ではいいながら、果敢に素手で掘ってみたり、触ってみていたりしていた。謎…。そして、何やら走りだし、「ねぇ、ねぇ、みてぇ〜!!」っと遠くから、菊一&ワスを呼んだ。いってみると、とってもキモキモな物がそこにいた。蟹みたいに、頭が四角くて、シッポが紐みたいに長い。「これってカブトガニ?」ワスラは勝手にそう思った。ノグノグは、やはり素手で尻尾を触っておる。っが、ワス&菊一は「きもいよぉ〜やばいよぉ〜」っとノグノグを止めた。何故ならば、そのキモイ物体が、いきなりバタバタバタってワスラの足元にきたら怖かったから…。

っが、この発言でノグノグは命拾いをしたのである。菊一&ワスはノグノグの命の恩人なのである。うぷぷっ。後で判明したのが、あれはアカエイらしいです。デカイ棘みたいなのを隠しもっていて、その棘はギザギザにかえしが、ついてるから刺されると抜く事がむずかしく、なおかつ、骨まで貫通する威力だそう…。毎年、潮干狩りでそれで死んでる人までいるとの事…。あぶなかったぁぁ〜。

アサリばっちしとれましたぁ〜♪そしてハマグリもウフフ。

P1010107.jpg



PR潮干狩り2005年改訂版
posted by あらこ at 23:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | お出かけ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。